Emacs Lisp式を評価する ー Emacsの基礎をしっかり学ぶ

Emacs上でEmacs Lisp式を評価したいことがあります。

例えば、関数の定義を変更した後にそれを有効にするために、initファイルに設定を追加した後に有効化するために、変数の設定を一時的に変更したい場合など、Emacs Lisp式を評価します。

Emacsは、Emacs Lisp式を評価するコマンドがいくつかあります。それらを次の表に示します。

コマンド説明コマンド名
M-: Emacs Lisp式をミニバッファで読み取り、評価して値をエコーエリアに出力する eval-expression
C-x C-e ポイント前のEmacs Lisp式を評価して、値をエコーエリアに出力する eval-last-sexp
M-x eval-defun ポイントの後またはポイントを含むdefunを評価して、値をエコーエリアに出力する -
M-x eval-region リージョンのすべてのEmacs Lisp式を評価する -
M-x eval-buffer バッファーのすべてのEmacs Lisp式を評価する -

M-:をタイプしてミニバッファに式を入力すると、入力した式が評価されます。

M-:やC-x C-eに前置引数を付けると、エコーエリアではなく、カレントバッファのポイント位置に結果を挿入します。

更新日:

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.