Emacsパッケージ

Emacsのpackage.elのリポジトリにMELPAを追加する

更新日:

Emacsにはバージョン24からpackage.elというパッケージ管理システムが標準で同梱されているのはご存知だと思います。 package.elを使うことによって、Linuxのyumやapt-getなどのように簡単にパッケージの追加や削除ができるようになりました。

package.elのデフォルトのリポジトリはGNU ELPAですが、他にも便利なパッケージを公開しているリポジトリがあります。 今回はその一つであるMELPAというリポジトリを追加して、こちらからもパッケージをインストールできるようにする方法を紹介します。

何でMELPAリポジトリを追加するの?

package.elのデフォルトのリポジトリであるELPAはEmacs公式リポジトです。しかし、パッケージ登録の敷居く、登録されているパッケージの数は少なめです。その代わりにパッケージの信頼性は高いです。パッケージの信頼性とは、パッケージの品質や悪意のあるパッケージなどが無い(少ない)というようなことを指しています。

一方、MELPAはサードパーティのリポジトリですが、パッケージの登録が手軽なためパッケージの数は非常に多くなっています。しかし、パッケージの信頼性に関してはELPAには劣ると思われます。(有名なパッケージはほとんど大丈夫だと思いますが)パッケージを導入する場合には、その点に気をつけて選びましょう。

サードパーティのリポジトリには他にもMarmaladeがあり、私も以前使っていましたが、Emaxs Wikiに次のような記載を見つけたので今は使っていません。

The repository had availability problems and is now discontinued.

package.elのリポジトリにMELPAを追加する

MELPAのリポジトリには安定版を提供するリポジトリと安定版以外も含むリポジトリの2つが提供されています。

安定版のリポジトリを追加するには.emacs.d/init.elに次のような記載を追加します。

(when (require 'package nil t)
  (add-to-list 'package-archives
    '("melpa-stable" . "https://stable.melpa.org/packages/"))
  (package-initialize))

安定版以外も含むリポジトリを追加するには次のように記載を追加します。

(when (require 'package nil t)
  (add-to-list 'package-archives
  '("melpa" . "https://melpa.org/packages/")
  (package-initialize))

MELPAのWebサイトにもリポジトリの追加の方法が載っていますので、こちらも参考にしてください。

設定を追加し終えたら、設定を読み込むために追加した文を実行するか、Emacsを再起動します。

設定を読み込んだらC-h v package-archivesをタイプして設定が読み込まれているか確認してみましょう。リポジトリとしてMELPAがきちんと追加されていれば、次のように表示されます。


    Its value is (("melpa-stable" . "https://stable.melpa.org/packages/")
    ("gnu" . "http://elpa.gnu.org/packages/"))

問題なければM-x list-packagesをタイプしてパッケージの一覧を表示してみます。MELPAリポジトリのパッケージが取得が取得できていれば完了です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-Emacsパッケージ

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.