Linux

CentOS8やCentOS7のタイムゾーン設定を変更する

更新日:

CentOS7からタイムゾーンを設定する方法が変わりました。 CentOS7やCentOS8でタイムゾーンを変更するには、システムの日時を制御するtimedatectlコマンドを使います。

タイムゾーンの確認

現在のタイムゾーンを確認するには引数なしでtimedatectlを実行します。

# timedatectl 
      Local time: Sun 2021-03-07 02:24:21 UTC
  Universal time: Sun 2021-03-07 02:24:21 UTC
        RTC time: Sun 2021-03-07 02:24:20
       Time zone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

コマンドの出力結果の以下に注目しましょう。

...
      Local time: Sun 2021-03-07 02:24:21 UTC
...
       Time zone: UTC (UTC, +0000)
...

ローカル時間はUTC、タイムゾーンもUTCであることがわかります。

タイムゾーンの一覧表示

設定できるタイムゾーンの一覧を確認するにはlist-timezonesサブコマンドを使います。

# timedatectl list-timezones | grep Tokyo
Asia/Tokyo

タイムゾーンの設定

タイムゾーンを設定するにはset-timezoneサブコマンドを使います。

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

変更された設定を確認します。

# timedatectl
[root@localhost ~]# timedatectl
      Local time: Sun 2021-03-07 13:09:25 JST
  Universal time: Sun 2021-03-07 04:09:25 UTC
        RTC time: Sun 2021-03-07 04:09:23
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

-Linux

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.