HTML

シェルのコマンドライン出力をHTML5で正しくマークアップする

更新日:

シェルでコマンドを入力して、そのコマンドの出力結果までの一連の流れをHTML5で正しくマークアップするには、次のように行います。

<pre><samp>[root@www ~]# <kbd>stat /var/log/messages</kbd>
  File: `/var/log/messages'
  Size: 152             Blocks: 8          IO Block: 4096   通常ファイル
Device: c2h/194d        Inode: 20710611    Links: 1
Access: (0600/-rw-------)  Uid: (    0/    root)   Gid: (    0/    root)
Access: 2018-12-02 04:02:03.000000000 +0900
Modify: 2018-12-02 04:02:03.000000000 +0900
Change: 2018-12-02 04:02:03.000000000 +0900
[root@www ~]#</samp></pre>

samp要素はプログラムやシステムからの出力例を表します。したがって、シェルからの出力部分全体をsamp要素で囲みます。

kbd要素はユーザーの入力を表します。 特にkbd要素がsamp要素内にネストされる場合は、ユーザー入力をシステムがエコーしていることを表しますので「stat /var/log/messages」の部分はkbd要素で囲みます。 「stat /var/log/messages」の部分は、シェルがエコーで出力している部分なので、samp要素の中にも含まれているのは理にかなっています。

シェルからの出力部分はそのままHTMLで表示したいので、一番外側はpre要素で囲みます。 pre要素は整形済みテキストを表し、ホワイトスペースなども含め書いたとおりにそのまま表示されます。

-HTML

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.