Emacs

gnupackのEmacsで「Doing vfork: resource temporarily unavailable」エラーの対処

投稿日:

Windows10にgnupackを導入してEmacsを使っているが、Diredを開こうとする(C-x d)と 「Doing vfork: resource temporarily unavailable」というエラーが出る症状に見舞われた。

ググると下記の記事を発見したので試して見ようと思ったが、記事に記載されているstartup_rebaseallが無い!

gnupack EmacsのDoing Vfork: resource temporarily unavailableを解決する

rebaseallについて再び調べてみると、gnupackの開発者のメモをはけーん!

gnupackの開発メモ

これによると「Can't fork」問題などに対処するツールがgnupack 13.00-2015.05.02 リリースにバンドルされているらしい。

cygwinトラブル対応のユーティリティツールをバンドル
「Can't fork」問題などでよく使われる「rebaseall」「peflagsall」、権限設定の変更に使われる「takeown」「icacls」を実行するためのユーティリティツールをバンドルしました。

ユーティリティツールの使い方も掲載されている。

ユーティリティ ツールの使い方

今回追加したユーティリティ ツールは以下の3つです。実行する際には、gnupackに関連するすべてのプログラム、プロセスを終了してから一つずつ実行してください。処理は環境によっては数分かかる可能性があるので、注意してください。

run_rebaseall.exe

startup_config.ini中の [run_rebaseall.exe] Cmdline_Imageに記載されているパスに対して rebaseallを行います。デフォルトでは、「/app/cygwin」「/home」を指定しています。ロジック本体は /app/script/run_rebaseall.shに実装しています。

run_peflagsall.exe
run_rebaseall.exeと基本的な動作は同じで、peflagsallを行います。ロジック本体は /app/script/run_peflagsall.shに実装しています。
run_takeown_icacls.exe
cygwin関連ファイルの所有者権限、アクセス権限を修正します。ツールを実行すると、所有者はログインユーザ、アクセス権限はフルコントロールに設定します。対象のフォルダは /app/cygwin配下すべてになります。

それぞれ1つずつ試してみたが症状は変わらず。 念のため「管理者として実行」してもみたがダメだった。。。と思いきや、いつの間にか治っていた。

思い当たる節としては、再起動したくらいだろうか。 もし、同じ症状が出ているならお試しあれ。

環境:

  • OS:Windows10(32bit)
  • gnupack:gnupack_devel-13.06-2015.11.08
  • gnupack同梱のEmacsバージョン:GNU Emacs 24.5.1 (i686-pc-cygwin) of 2015-11-08 on gnupack

-Emacs

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.