Linux

CentOS 8 でNetworkManagerを無効化する

投稿日:

CentOS8でNetworkManagerを無効化して、従来の/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg​-ethXファイルでネットワークを設定する方法を紹介します。

NetworkManagerを無効化する

NetworkManagerを停止して、自動起動を無効化するために以下のコマンドを実行します。

# systemctl stop NetworkManager.service
# systemctl disable NetworkManager.service

NetworkManagerを停止および自動起動の無効化を確認します。

# systemctl status NetworkManager.service
● NetworkManager.service - Network Manager
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/NetworkManager.service; disabled; vendor preset: enabled)
Active: inactive (dead)
Docs: man:NetworkManager(8)

CentOS7までは、このあとに/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg​-ethXでネットワークの設定をして、ネットワークを再起動すれば良かったのですが、CentOS8の場合はもうひと手間必要です。

network-scriptsパッケージのインストール

CentOS8ではデフォルトでnetwork.serviceがインストールされていません。

# systemctl status network.service
Unit network.service could not be found.

そのため、network.serviceが使用できるようにnetwork-scriptsパッケージのインストールが必要です。パッケージをインストールするには次のコマンドを実行します。

# dnf install network-scripts -y

これでいつものnetwork.serviceが使えるようになりました。

# systemctl status network.service
● network.service - LSB: Bring up/down networking
Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/network; generated)
Active: inactive (dead)
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)

この時点で/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg​-ethXでネットワークの設定をします。設定方法はCentOS7までと同じです。

設定が完了したら、network.serviceを開始し、自動起動の設定も有効化します。

# systemctl start network.service
# systemctl enable network.service

以上で設定は完了です。

おわりに

「network-scriptsパッケージのインストール」と「NetworkManagerを無効化する」の順序はどちらを先に実施しても構いません。

ただし、NetworkManagerを無効化した後、network-scriptsパッケージインストール前にシステムを再起動したりすると、ネットワークが繋がらなくなって、パッケージのインストールが出来なくなるので注意してください。この場合はNetworkManagerを起動してネットワークを有効にしてからパッケージをインストールしてください。

-Linux
-

Copyright© アナグマのモノローグ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.